0500_WCS_barcelona_main

World Cheki Snap 〜初夏のバルセロナを旅する〜

COLUMN

世界中の素敵な景色や街行く人々をチェキでスナップする「World Cheki Snap」シリーズ。今回訪れたのは、初夏のスペイン・バルセロナ。いつものチェキ「“チェキ” instax mini 90(以降、mini90)」と大きいフィルムでアナログ感を楽しめる「“チェキワイド” instax WIDE 300(以降、WIDE300)」の2台を持って、歴史ある街並みを、歩いてみました。

世界一有名な未完成の建築「サグラダ・ファミリア」

World Cheki Snap 〜初夏のバルセロナを旅する〜 0500_WCS_barcelona_01

最初に訪れたのは、バルセロナの象徴と言える「サグラダ・ファミリア」。スペイン出身の建築家アントニ・ガウディが手がけた未完成の教会ですが、技術の進歩に伴い、かつて予定されていた300年という工期を大幅に短縮し、ガウディの没後100年にあたる2026年に完成する予定となっています。

World Cheki Snap 〜初夏のバルセロナを旅する〜 0500_WCS_barcelona_02

未完成ということで、行く度に少しずつ違う表情を見せてくれるのもこの建物の魅力です。また内壁にはステンドグラスがあしらわれており、太陽の光が屋内に差し込み、幻想的な雰囲気を味わうことができます。

World Cheki Snap 〜初夏のバルセロナを旅する〜 0500_WCS_barcelona_03-540x338

360度どこからでも建物を観ることができるので、正面の反対側に移動して外観を撮影。mini90の二重露光の機能を使い、サグラダ・ファミリアに影絵をのせてみました。

サグラダ・ファミリア

World Cheki Snap 〜初夏のバルセロナを旅する〜 0500_WCS_barcelona_04

バルセロナの名所を一気に堪能したいという方におすすめなのがツーリストバス。実はこの後訪れるグエル公園(こちらもガウディ作品)に行く途中に道に迷ってしまい、大幅に時間をロスしてしまいました。効率よく観光したい方は乗ってみてもいいかもしれません。

バルセロナバスツアー

World Cheki Snap 〜初夏のバルセロナを旅する〜 0500_WCS_barcelona_05

道に迷っても思わぬ景色に出会えるかもしれないのが街歩きの魅力。さらにチェキがあると、迷っている時間も楽しく感じられることも。次の目的地「グエル公園」に向かう途中に迷って入り込んだ住宅街の裏路地から海が見えたので思わず立ち止まって撮影。

続きを読む!

 

今回使用したチェキ

“チェキ” instax mini 90 ネオクラシック

World Cheki Snap 〜初夏のバルセロナを旅する〜 0330_shohin_mini90

詳細はこちら