栗原類

栗原類が語る、写真を「撮る/撮られる」ことの楽しさ!

feature
LIFESTYLE

今回登場いただくのは、さまざまなファッション誌で活躍し、『ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)』のショーではパリコレデビューも果たしているモデルの栗原類さん。小さいころは写真を撮られることが好きではなかったという栗原さんは、「服をみせる」楽しさに気づき、本格的にモデルの道へ。プライベートでもカメラを持ち歩くなど、写真の楽しさや難しさをさまざまな角度から経験しています。今回は自身の核となるモデルの仕事の話を皮切りに、「撮られること/撮ること」、そして初めてチェキを使ってもらった感想などを話してもらいました。

Interview:栗原類

――栗原さんは小さいころからモデルのお仕事をしています。そもそもはじめたきっかけは、どんなものだったのでしょう?

もともと赤ちゃんモデルもやっていたんですが、母親によると本格的に仕事をはじめたのは5~6歳ぐらいだったようですね。思い出作りにはじめたものだったそうで、僕自身の記憶はまったくないんです。覚えているものだと11歳ごろで、名作ホラーをコンセプトにした雑誌の撮影です。顔にフランケンシュタイン風のメイクをして、髪の毛も水色か紫のアフロにして、頭にネジをくっつけたりして撮影しました。

――そのころ、すでに写真を撮られることに楽しさを感じていましたか?

まだ意識はしていなかったですが、もしかしたらあったのかもしれませんね。中学校に入ったころから本格的にモデルをやりたいと思いはじめたので、写真を撮られることを意識しはじめたのは14歳(中学2年生)でした。

栗原類

――『MEN’S NON-NO』でもモデルの仕事をはじめた時期ですね。

そうですね。モデルをやりたいと思った理由は、写真を撮られたいという気持ちもあったんですが、もともと俳優になりたいという気持ちがあったからなんです。『MEN’S NON-NO』の歴代のモデルさんは、阿部寛さんやARATAさん、伊勢谷友介さんなど俳優としても活躍されている方が多いですよね。その経歴に憧れていました。

――最近は、栗原さんも演技のお仕事に活動の幅を広げています。

少しずつですけれどね。でも、モデルは自分にとっての原点なので、それはずっと大切にしていきたいと思っているんです。

――モデルの仕事で楽しさを感じる瞬間は?

「なれない自分になれる面白さ」ですね。雑誌の仕事やファッションショーの仕事でそれぞれ違いますが、(写真とかかわりの強い)雑誌の仕事は静止画なので、そのなかで表現することを大切にしています。腕の位置が一ミリ違うだけでも服の見え方が変わるので、とても頭を使いますね。撮影が終わったら、その日はもう何も考えたくないくらいです(笑)。一日分のエネルギーを全部使うような感じなんですよ。

――なるほど、頭を使う職業なんですね。

「想像力を使う」ということだと思います。カメラマンの方も人によってタイプが違うので、撮る側と撮られる側の駆け引きも大切ですね。

――仕事をはじめたばかりのころは、苦労したことや大変なこともあったんじゃないですか?

『MEN’S NON-NO』でモデルをはじめたころは、長い髪を生かした写真が多く、目も隠れているので、動いても周りが見えなくて大変でした。それに外でのロケの場合、写真を確認するためのモニターが遠くにあって、当時は時間も限られていたので、なかなか写真を確認することができないこともありましたね。

――自分がどう映っているのかを想像しながら仕事をしていくということですか。

そうです。はじめのころは、自分が載っている雑誌をみながらポージングの研究をよくしていました。経験や勘もあると思いますが、大事なのは「慣れ」だと思いますね。

――一般の人が写真を撮られるときにも使えるコツというと、どんなものがあるでしょう?

うーん。でも僕は、服ではなく自分自身の写真を撮られるのは小さいころから好きではなくて……。モノで顔を隠したり、わざとブレるように動いたりして、母親によく怒られていたんです。だから、僕みたいな人間には聞いてはいけないと思いますよ(笑)。ひとついえるのは、いつ撮られてもいいように気持ちのスタンバイをしておくということですね。

栗原類

――写真を撮られるのが好きではなかったのに、モデルの道を選んだというのは面白いです。

子供のころは照れもあったのかもしれません。でも僕の場合、モデルの仕事は自分ではなく「服を見せる」仕事だと思っているんです。僕はマネキンで、「どうすればこの服がよく見えるのか」ということを考えていますね。自分自身が撮られる場合は、今はあまり深く考えないようにしています。モデルの仕事の方が色々とポージングを考えているんですよ。

――なるほど。写真を撮るプロとも頻繁に接していると思いますが、そのなかでカメラマンの方々の魅力を実感する機会もありそうですね。

最近レスリー・キーさんとよく仕事をさせていただくんですが、自分のポートレート写真もレスリーに撮ってもらったときに、ライティングを考えて撮る場所を工夫してくれたんです。そうすると僕の携帯で撮っても、写真を見た時に影がきれいにできていて、「さすが職人技」と本当に驚きました。

――自分で写真を撮るのは好きですか?

中学生のころから、写真を撮るのは好きです。自分のカメラも持っていて、印象に残るものがあれば写真に収めます。たとえば風景を撮ったり、もともと動物が好きなので寄った写真を撮ったりしていますね。でも、自撮りみたいなものには本当に縁がなくて、今の仕事をしていなければ一生しなかったと思います(笑)。お気に入りは、クラゲが水槽を泳いでいるときの写真。水族館に行ったときに撮ったものです。僕は本当にインドアな人間で、何か用事がなければまったく外出はしないですが、休日にこれまで撮った写真を見返したりもしますね。ピントがボケている写真も残しているんです。面倒くさいというのもあるかもしれませんが、どんな写真にもそのときの思い出がありますよね。だから消せないんですよ。

次ページ:記憶に残っている写真は?

 

今回使用したチェキ

“チェキ”instax mini 90 ネオクラシック

ネオクラシック

詳細はこちら