池亀さんインタビュー

「“チェキ”instax mini 70」のデザイン誕生秘話を聞いてみた!

pickup
LIFESTYLE

チェキの豊富なラインナップの中でもひと際スリムで洗練されたボディデザインと、美しくモダンなカラーリングで、昨年の発売以来人気を集めている「“チェキ” instax mini 70」(以降、「チェキmini70」)。この新機種は今年6月に新色として「レッド」「ブラック」「ゴールド」の3色が追加され、ますますカラフルになった商品展開で活躍の舞台を広げています。そのプロダクトデザインを担当したのが、富士フイルムデザインセンターの池亀春香さん。入社後5年目まではメディカル製品を担当し、『Fazone CB(超音波診断装置)』や『FUJIFILM DR CALNEO C 1417 Wireless (デジタルX線画像診断装置)』、『AMULET Innovality(乳がん検査用デジタルX線撮影装置)』を手がけた池亀さんは、その後富士フイルムコンシューマー製品のデザインを担当。チェキでの初仕事となったチェキmini70では、過去の経験を活かしながら、独創的かつ機能的な台形のシルエットを生み出しました。その制作秘話や、製品に込めた思いとは、一体?これを読めば、チェキmini70を“もっと楽しめる”。そんな特別インタビューをお届けします。

Interview:池亀春香

池亀さんインタビュー

――池亀さんがプロダクトデザイナーを目指したきっかけを教えていただけますか?

プロダクトデザイナーという職業を知ったのは、中学生のころでした。高校の進路を考えるときに、「美大ってどんな場所だろう?」と多摩美術大学の卒業制作展示に行ってみたら、その展示がすごく楽しかったんです。自分自身も絵を描くよりモノづくりの方が好きだったし、プロダクトデザインは世の中の製品全部にかかわることなので、社会にも貢献できますよね。それで美大に入り、卒業後うちの会社のデザインセンターに入社しました。

――その中で「こういうものが作りたい」という理想の作品には出会いましたか。

具体的に「この方が好き」という方はいなかったのですが、モノとして手に収まる時計やカメラ、携帯電話などを見て、「精密で、個人所有できる製品をデザインしたい」と思っていましたね。思い返すと、父や祖父がカメラやメカニックなものが好きで、私も小さいころから、女の子向けのものよりロボットアニメが好きでした。小さいころサンタさんに腕時計をもらったときも、アクセサリーではなく「ちゃんと機能がある」ことに惹かれていたと思いますね。

――富士フイルムに入社してから5年目までは、メディカル系のプロダクトデザインを担当されました。これはどんな経験になりましたか?

医療器具は「病気を治せる」「ちゃんと検査ができる」など機能が優先されます。でも、やってみてわかったのですが、意外と見ためも大事なんですよ。患者さんの気が滅入っているときに触れるものなので、優しさが感じられるデザインが必要です。一方技師さんにとっては正確使える操作性が重要で、お医者さんにとっては高級感も大切です。「それぞれのユーザーの気持ちに訴えかけるのが大事なんだな」ということを実感しましたね。

――実際、池亀さんの医療系のデザインは、シンプル&スタイリッシュでありつつも、角が少し丸くまとめられていました。これは「患者さんに対する優しさ」が反映されたものですか。

そうですね。ただ、あまりファンシーだと医療器具の信頼感がなくなるので、バランスが大事でした。自分も現場に行って、その場で気づいたことを活かすのも大切です。シンプルさについては、みなさんに喜んでもらえるデザインを考えたときに、自然とそうなりました。でも同時に、長く愛着を持てる、愛嬌を入れたいなとも思っているんですよ。

次ページ:デザインの原案とは?

 

今回使用したチェキ

“チェキ”instax mini 70

mini70_yellow

詳細はこちら