もしフェス

<もしフェス>でチェキがボーダレスに活躍!感動の瞬間を演出

pickup
PARTY

11月6日(金)から8日(日)まで、東京体育館にて開催された日本を代表するポップカルチャーが集まったお祭り<MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO(以下、もしフェス)>。今回、チェキも<もしフェス>に特設ブースを出展し、イベントも開催しました。

ブースでは、「“チェキ” instax mini 8+(プラス)での自撮り体験」を開催。チェキで自撮りをし、ハッシュタグをつけてTwitter、Instagramにアップすると、先着30名限定で新発売のチェキmini8+の宣伝大使のチェキフレメンバー、柴田紗希さん、YuRiさん、村田倫子さん、古関れんさん、柴田ひかりさんの人気モデル5名と一緒に撮影ができるイベントを実施しました。

もしフェス

もしフェス

もしフェス

もしフェス

また、チェキフォトグラファー米原康正氏が会場内の参加者をチェキで撮影し、会場入り口に設置された専用ウォールに貼ってチェキフレウォールを作る企画、「チェキフレの輪を広げよう!」も同時開催しました。

もしフェス

もしフェス

ブースでは「チェキmini8+での自撮り体験」への参加者のみならず、<もしフェス>のロゴが入ったチェキのフィルム風パネルを使い、友達同士や小さなお子さんを連れた家族や姉弟にカップル。そして多くの海外の人たちが思い出を残そうと、終始撮影を楽しむ人で賑わいを見せていました。

もしフェス

もしフェス

もしフェス

もしフェス

もしフェス

もしフェス

次ページ:チェキフレメンバーのステージ登壇&ブースの登場で会場は大盛り上がり!