CREAM

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー!

feature
PARTY

BoAや安室奈美恵などへの楽曲提供でも知られるMinamiと、TERIYAKI BOYZなどへの詞提供をはじめラッパーとしても有名なStaxx Tによるポップ・ユニット、CREAM(クリーム)。2人が通算3作目となる最新アルバム『CHANGE』を2月3日(水)にリリースします。当作品はアートワークに空白のチェキが描かれ、初回限定盤はそこにチェキを差し込むことで、世界でひとつだけのジャケットに変更ができる特別仕様。スリーブにはファンとの思い出のチェキプリントも並んでおり、「人と人を繋ぐキーワード」のひとつとしてチェキが使用されています。そんな新作『CHANGE』のこと、チェキをフィーチャーしたアートワークのこと、そして写真やパーティーの魅力について、2人に語ってもらいました。

Interview:CREAM(Minami、Staxx T)

――今日はお2人へのプレゼントとしてCREAM仕様の「“チェキ” instax mini 70」を持ってきたんです。なんと、レンズの上部にCREAMのロゴが入っているんですよ。

Staxx T:おおー!かっこいい。

Minami:すごいね、レンズもよくなってるし!

CREAM

CREAM

Staxx T:進化してるよね。あっ、セルフィーモードもあるんだ。……じゃあ早速いくよ、はい!(と言って2人でセルフィーを撮影)

CREAM

――盛り上がったところでインタビューを始めさせてください(笑)。前作(2ndアルバム『#nofilter』)は、「何のフィルターも通さずに、ありのままの自分たちを表現する」というコンセプトで制作された作品でしたね。新作(3rdアルバム『CHANGE』)を制作するにあたって、前作から影響されたことなどありますか?

Minami:前作を制作したときは、はめられた枠から抜け出したいなという気持ちが強く「攻めたことをしよう」と思って作っていたんです。でも、1stアルバム『DREAMIN’』の良かったところも入れられていなかったな、ということに気づいて。だから今回リリースする3rdアルバム『CHANGE』に関しては、1stアルバム『DREAMIN’』と2ndアルバム『#nofilter』のそれぞれの良さというところは残しつつ、新たなものを追加していっていますね。

Staxx T:前作では、自分が作ったトラックを誰かにアレンジしてもらって、最後の詰めの作業を他の人にやってもらった曲も多かったけど、今回は自分で最後までプロデュースしてやりきるという曲が多かったのが一つの変化ですね。外部のプロデューサーの楽曲も、本当に細かいところまでリクエストを投げて反映してもらったり。あと、前作でやれなかったことというとフィーチャリングアーティストですね。 他のアーティストとコラボすると必ず面白い化学反応が起こるし、絶対にやりたいと思っていたんですよ。

――青山テルマさんやJESSEさんなど、今回は様々なゲストの方が参加していますね。

Minami:私はもともと神戸のインターナショナルスクール出身でチアリーディング部に入っていたのですが、彼女も東京のインターナショナルスクール出身だったんですよね。彼女の学校で毎年行われていたチアリーディング大会に私も呼ばれていて、その時にすでに有名だったテルマちゃんのことを知って。ふたりとも共通してチアリーディングをやっていたという背景もあり、今回オファーするにあたってチアからインスピレーションを受けた曲を書きました。

CREAM

Staxx T:もともと、“G-E-T OVER U feat. 青山テルマ”は、Minamiとデモを作っている時点でチアっぽい曲になったので、「テルマちゃんが参加してくれたらいいね」という話をしていたんです。一方でJESSEくんとの“HANPANAI feat. JESSE”は、2番まではいつもライブで歌っていたんですけど、アルバムでは予想外の部分を作りたいと思って「3番に誰か入れたいなぁ」とヒップホップの人を色々と考えていたんです。でもそれって結果が予想できちゃうかな、と。それで、「JESSEくんが超ダミ声でシャウトしてくれたらどうかな」と思ったんです。そこから彼と録音したものをTeddyLoid(※)に投げたら、そこから彼がガシャーンッ!とまったく違うものにしてくれて、「すげえ。こんなことになるの?!」って驚きました。

(※ももいろクローバーZの楽曲などでもプロデュースを務める若手トラックメイカー)

――そうして様々な人が関わって、様々なジャンルが一緒になっていますが、それが不思議とポップミュージックとしてひとつの作品にまとまっていますね。

Minami:やっぱり、「ポップス」は「ポピュラー(な音楽)」という意味ですから。

Staxx T:ひとつのジャンルを指す言葉ではなくて、様々なものを取り入れていても、有名になった音楽が「ポップス」ということで。僕らは色んな音楽を聴くから、「うわー、俺らもこんな曲作りたいな」って、色々やりたくなっちゃうんですよ。「それを(CREAMの音楽では)ひとつにまとめてみようぜ」というのは毎回考えています。だから曲調も色々あるし、Minamiがラップしたりもするし(笑)。特に今回は、ヒップホップとかラップっぽいものは思い切り振り切ったりして、そういうことをより突き詰めた感じがしますね。

CREAM

次ページ:ヴィジュアル要素についてはどんな風に考えていった?