mini90 徹底解剖 vol.01

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖① ベーシックな機能を使いこなそう

PRODUCTS

“チェキ” instax mini 90(以降、mini90)」は2013年に発売されたチェキ。クラシカルでおしゃれなデザインと機能性の高さからファンの多い機種の1つです。そんなmini90の使い方を、全4回に渡って徹底解剖!世界中のフォトグラファーのチェキ作品を紹介しているスペシャルサイト『instax Photographers』でもご紹介され、mini90を愛用しているフォトグラファー鈴木文彦さん監修のもと、mini90のおすすめポイントや使い方のコツなど、その魅力を連載形式で紐解いていきます。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖①:ベーシックな機能を使いこなそう。

インスタントカメラは手軽に撮れることを意識したシンプルな作りになっていることが多いですが、mini90はその点で少し異色。画質の向上を実現する多彩な機能や、撮影の幅を広げる撮影モードがたくさん搭載されているのです! 

搭載されているのは、優れた露光バランスを実現する「高性能フラッシュ」、写真の濃淡をコントロールできる「濃淡コントロール」、遠方の風景を撮影するのに最適な「遠景モード」、近距離撮影が可能になる「接写モード」、被写体と背景を明るく撮影できる「パーティーモード」、速い動きに強い「キッズモード」。そして、1枚のフィルムに2回シャッターを押すことができる「二重露光モード」と、シャッターを開放して撮影できる「バルブモード」の合計8つの機能。

今回はそのなかから、まずおさえておきたいベーシックな4つの機能「高性能フラッシュ」、「濃淡コントロール」、「遠景モード」、「接写モード」をご紹介します!

機能① 優れた露光バランスを実現する「高性能フラッシュ」

mini90の魅力の1つは、フラッシュON/OFFを手動で切り替えられること。チェキプリントはフラッシュの有無で質感が変わってくるので、「フラッシュ点灯」「フラッシュ点灯+赤目防止」「フラッシュ無し」の3種類を切り替えて撮影してみて好みの質感をみつけてくださいね♪

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖① ベーシックな機能を使いこなそう pickup0300_mini90_vol1_1-320x506

「フラッシュ点灯」で撮影したチェキプリント

機能② 写真の濃淡をコントロールできる「濃淡コントロール」

mini90ではハイキーとローキーを狙って調整できる「濃淡コントロール」でも質感を変えることができます。ふんわりとした柔らかい雰囲気を出したいときには「L(明るく)」や「L+(より明るく)」、コントラスト強めでクールに撮りたいときは「D(暗く)」がおすすめです☆

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖① ベーシックな機能を使いこなそう pickup0300_mini90_vol1_2-320x506

「L」で撮影したチェキプリント

続きを読む!

 

今回使用したチェキ

“チェキ” instax mini 90 ネオクラシック

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖① ベーシックな機能を使いこなそう 0330_shohin_mini90

詳細はこちら