mini90 徹底解剖 vol.02

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう!

PRODUCTS

“チェキ” instax mini 90(以降、mini90)」は2013年に発売されたチェキ。クラシカルでおしゃれなデザインと機能性の高さからファンの多い機種の1つです。そんなmini90の使い方を、全4回に渡って徹底解剖!世界中のフォトグラファーのチェキ作品を紹介しているスペシャルサイト『instax Photographers』でもご紹介され、mini90を愛用しているフォトグラファー鈴木文彦さん監修のもと、mini90のおすすめポイントや使い方のコツなど、その魅力を連載形式で紐解いていきます。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖②:二重露光モードで遊ぼう。

画質の向上を実現する多彩な機能や、撮影の幅を広げる撮影モードが豊富に搭載されたmini90。そんなmini90の機能の中の一つ、「二重露光モード」は、1枚のフィルムに2回シャッターを押すことができるというものです。フィルムのカメラを使ったことがある人なら「二重露光」という言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。

例えば下のチェキプリントのように、1ショット目にカートを撮影、2ショット目に植物を撮影といった具合に2回シャッターを切ることで、異なる被写体が1枚のフィルム上で重なった写真を作り上げることができるのです。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! pickup0322_mini90_vol2_1

「二重露光モード」を使用すると、デジタル加工とは異なる、美しいアートフォトを残すことができ、クリエイティブな写真を撮影することが可能です。また、アーティスティックな写真だけでなく、遊び心満載の一風変わった写真を撮影することができるので、アイデア次第でさまざまなテイストの写真を撮影することができますよ。

今回は、「二重露光モード」を使って撮影できる簡単なトリック写真をご紹介します。一見難しそうな「二重露光モード」ですが、コツをつかめば誰でも「おっ!」と驚く写真を撮影することができるはずです。ポイントを抑えてチャレンジしてみてください!

トリック① 逆光を使った手のひら映像術

二重露光の2度目のシャッターで像が重なりやすいのは、影や黒い部分。そこで、逆光で黒くなってしまう部分を生かした撮影の方法をご紹介します。まず、逆光を利用して影になった手のひらを1回目のシャッターで撮影します。手を太陽にかざし、わざと黒くなるように撮影するのがポイントです。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! pickup0322_mini90_vol2_2

続いて、影になった手のひらに写したい像を2回目のシャッターで撮影します。すると手の部分に人物や、風景、花などが映し出されたようなおしゃれな写真ができあがります。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! pickup0322_mini90_vol2_3

1度目のシャッターを切るときに、「像が重なりやすいか」また「どこに重なるか」を考えながら撮ると成功率が上がりますよ。

とても明るい場所では2度目のシャッターの効果がほとんど現れないこともあるので、濃淡調整の「D」を選択し、暗めの写真にすることで2度目のシャッターの像を重ねやすくするのが効果的です。撮影場所やタイミングの問題で、逆光や暗くなってしまう難点を感じた時は、その点を逆手にとって「二重露光」の手法で撮影するのも良いかもしれませんね。

続きを読む!

 

今回使用したチェキ

“チェキ” instax mini 90 ネオクラシック

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! 0330_shohin_mini90

詳細はこちら