mini90 徹底解剖 vol.03

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖③ バルブモードで遊ぼう。

PRODUCTS

トリック② 蛍光スティック遊び

続いては、蛍光スティックを活用した撮影方法をご紹介します。まずスティックをカメラに向け、カメラのシャッターを長押しします(シャッターは最大10秒まで開くことが可能)。長押ししている間にスティックを動かし、文字や図などを描きます。動かし終わったタイミングでシャッターを離します。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖③ バルブモードで遊ぼう。 0407_mini90_vol3_7

すると、蛍光スティックを動かした通りに光で文字や図柄が浮かび上がった写真が撮影できました。シャッターを押す時間が長いほどくっきりとした線を描くことができます。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖③ バルブモードで遊ぼう。 0407_mini90_vol3_8

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖③ バルブモードで遊ぼう。 0407_mini90_vol3_9

スマホ照明遊びと同じ原理ですが、蛍光スティックの方が光の分量が強いせいか、よりくっきりとした光跡が撮影できます!特に、文字などをはっきりと撮影したい時は蛍光スティックが活躍してくれそうです。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖③ バルブモードで遊ぼう。 0407_mini90_vol3_10

大切な人や、記念日を迎えるお友達へのメッセージカードとして、蛍光スティック遊びのトリックを活用すれば印象深い1枚をプレゼントできること間違いなしです。

トリック③ 吹き出し

次は、写真の中に「吹き出し」を作ってしまうというユニークな撮影方法をご紹介します。まず、この撮影で必要な人数は最低3人(撮影する人、ペンライト役の人、ポーズをする人が必要)。

最初に、吹き出しをする人の後ろに吹き出しを描く人が立ちます。そのままカメラのシャッターを長押しします(シャッターは最大10秒まで開けることが可能です)。長押ししている間に、光で吹き出しを描きます。

次のタイミングが大きなポイントですが、吹き出しを描き終わったタイミングで、吹き出しを描いた人が吹き出しをする人の後ろに隠れます(吹き出しを描いた人は、写真にうつらないように隠れるというイメージ)。隠れたタイミングでシャッターを離すと、写真の中に光の吹き出しが浮かび上がり、吹き出しを書いた人は写っていないという不思議な写真が完成します。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖③ バルブモードで遊ぼう。 0407_mini90_vol3_11-320x506

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖③ バルブモードで遊ぼう。 0407_mini90_vol3_12-540x341

チェキには白い余白があるので、もちろんそこに名前やメッセージなどを書くこともできますが、写真の中の吹き出しにメッセージなど書き込めば、いつもとは違うちょっと変わったチェキができあがります。

続きを読む!

 

今回使用したチェキ

“チェキ” instax mini 90 ネオクラシック

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖③ バルブモードで遊ぼう。 0330_shohin_mini90

詳細はこちら