0700_sq10_tukaikata_kouhen_main

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう!

PRODUCTS

チェキ史上初となるスクエアフォーマットを採用した、「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10(以降、SQ10)」。前編は電源を入れてから基本操作までをご紹介しましたが、後編は多彩な編集機能や撮影モードを使いこなす方法をご紹介します。前編の基本操作の方法と合わせ、ぜひチェックしてくださいね!

さまざまなモードで加工ができる

光量調整

基本的な撮影方法を理解したら、さまざまな編集機能を利用して画像編集・加工を楽しみましょう。まずは光量調節をご紹介。SQ10では19段階の明るさ調整が可能です。

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! 0700_sq10_tukaikata_kouhen_01

撮影したら、操作ボタンの右上にある「明るさボタン」を押します。

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! 0700_sq10_tukaikata_kouhen_02

コマンドダイヤルを時計回りに回すと、画像が明るくなります。今回は元の画像を+3まで明るく加工していきます。

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! 0700_sq10_tukaikata_kouhen_03

反対に暗くする場合は、ダイヤルを反時計回りに回します。今度は-3まで暗く加工してみました。

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! 01

-3まで加工したチェキ(左)、加工していない元のチェキ(真ん中)、+3まで加工したチェキ(右)を比較! 明るさによって被写体の鮮明度が全く違いますね。

フィルター加工

続いて注目したい編集機能は、フィルター加工です。簡単にアート性を高めてくれるフィルターを使いこなして、写真表現の幅を広げていきましょう。

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! 0700_sq10_tukaikata_kouhen_05

撮影したら、操作ボタンの上部にある「フィルターボタン」を押します。次にコマンドダイヤルを回転させて好みのフィルターを選びます。

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! 0700_sq10_tukaikata_kouhen_06

「Sepia」のフィルターをチョイスしてみました。加工が終わったら、「プリントボタン」を押して出力します。

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! 031

左が加工していない元のチェキ、右が「Sepia」のフィルターをかけたチェキです。「Sepia」で加工すると茶褐色に変化し、レトロな雰囲気に仕上がります。

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! 0700_sq10_tukaikata_kouhan_

SQ10に採用されているフィルターは全部で10種。同じ写真でもフィルターによってガラリと世界観が変わるのが楽しいですよね!

続きを読む!

 

今回使用したチェキ

“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10

【後編】チェキの使い方講座!「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ10」の使い方をマスターしよう! square-archive

詳細はこちら

タグ・キーワード