チェキさんぽ

“東京ディズニーランド®”でおのしのぶ(Her Ghost Friend)と一緒にチェキさんぽ

pickup
TRAVEL

ゲストを迎え、チェキとともに“ゆかりの街”を歩く連載シリーズ「チェキさんぽ」。第12弾目となる今回は、DJ Obakeさんとのエレクトロ・ポップ・ユニット、Her Ghost Friendのボーカルとして活躍するおのしのぶさんの登場です。最新作『君のいる世界が好きだよ』では初めて制作前に全編の物語を考え、自身が手がけたイラストとともに、彼女たちらしい非日常のストーリーを豊かに表現したおのさん。その世界観からは不思議と、『夢の国』として多くの人々を魅了する東京ディズニーランドに通じるような雰囲気も感じられます。今回はおのさんが小さなころから憧れの場所として通い続ける東京ディズニーランドの中でも特に好きだという『ファンタジーランド』を、チェキを片手におさんぽします。

東京ディズニーランドは、山口県に住んでいた小学生のころからの憧れの場所。

チェキさんぽ 本データ

「小学校の1~2年生ごろまでは山口県に住んでいたんですが、おばあちゃんが千葉の親戚の結婚式に行ったときに、東京ディズニーランドでミニーマウスのぬいぐるみを買ってきてくれたことがあったんです。そのぬいぐるみをいつも抱いて寝たりしていたので、『自分も東京に行くことがあったら、絶対に行ってみたい』と思っていて。そのときのミニーマウスのぬいぐるみとの出会いが、東京ディズニーランドを意識した最初のきっかけだったかもしれないですね。おばあちゃんが人生で一回だけ行ったときに買ってきてくれたぬいぐるみということもあって、すごく思い出深かったです。その後小学校3年生ぐらいに東京に引っ越して来てみたら、日常の景色とは違う別世界で、夢の国だろうなぁと思っていたものを3倍ぐらい超えていましたね。実は私、新卒採用試験を受けたこともあるんですよ。今でも、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー®を合わせると年に1~2回は来ています。つい先月も友達と遊びに来て、“遊び足りないから、また来月来ようね”と話していたところなんです。」

おのしのぶのチェキさんぽ

ホーンテッドマンション

チェキさんぽ 本データ

「初めてきたときにも、訪れた場所のひとつです。お化けがテーマのアトラクションなので、空も曇天でダークに撮れたのがよかったですね。私は西洋のアンティークのようなものにすごく憧れがあって、初めてホーンテッドマンションを観たときは、ここは何だろう?絶対に乗りたい!と思って乗った気がしますね。窓が割れて開いているところや、古びた感じもすごく好きなんです。雰囲気があって怖いですけど、同時にきれいで想像力を掻き立てられる。キャストさんの衣装も、ヘッドドレスにコウモリがついていたりして可愛いですよね。Her Ghost Friendという名前で音楽を作っているくらいなので、子供のころからお化け屋敷自体がすごく好きでした。今でも来るたびに新しい発見がありますね。」

チェキさんぽ

ピーターパン空の旅

チェキさんぽ 本データ

「まるでロンドンの空を飛んでいるような雰囲気になれるところが好きです。派手なアトラクションももちろん好きですが、私はそういうところに惹かれるのかもしれない(笑)。一度パーク内が混んでいるときに、友達が“これも面白いよ”と教えてくれて乗ってみたらすごくきれいで、好きになりました。私がみんなにおすすめしたいお気に入りの場所のひとつ。この写真に写っているフォントも、雲がふわふわ浮いているのもすごくかわいいですよね。」

チェキさんぽ

次ページ:アリスのティーパーティー

 

今回使用したチェキ

“チェキ”instax mini 70

mini70_yellow

詳細はこちら