撮り方ガイド

  • 各部名称
  • 基本撮影モード
  • バルブモード
  • 二重露光モード
二重露光

二重露光モード

1枚のフィルムに2度シャッターを切り、像を重ねることができる「二重露光モード」。デジタル加工とは異なる、美しいアートフォトに挑戦!

二重露光

1枚のフィルムに像を重ねる

instax mini 90に新たに搭載されている機能が「二重露光」。1枚のフィルムに2度シャッターを切ることで像を重ねる撮影モードで、クリエイティブな写真を撮ることができます。

二重露光完成

1ショット目

2ショット目

1ショット目に花、2ショット目に男性を撮影すると、ふんわりとした花に囲まれたスタイリッシュなポートレートの出来上がり。感性の赴くまま重ねてみましょう。

TIP A 1ショット目の影や黒い部分に2ショット目の像が重なりやすい

二重露光の2度目のシャッターで像が重なりやすいのは、影や黒い部分。1度目のシャッターを切るときに、像が重なりやすいか、またどこに重なるかを考えながら撮ると成功率が上がります。

影の多い1ショット目

2ショット目

影の部分に重なる

明るい場所ではDモードに

とても明るい場所では2度目のシャッターの効果がほとんど現れないことも。濃淡調整の「D」を選択し、暗めの写真にすることで2度目のシャッターの像を重ねやすくするのが効果的です。

TIP B 二重露光のおすすめのバリエーション

人物

同じ人物を二重露光。作例のように同一人物のミニチュアを手に乗せることだって可能です。

サイン

道路に書かれているサインは、アスファルト部分にだけ2度目の像が重なりやすくおすすめ。

照明・ネオン

照明やネオンなどは、光源の部分が二重露光後もクッキリと残ります。

手のひら

手のひらを空にかざすと手のひらの部分に2度目の像が美しく重なります。初めての二重露光にオススメのテクニック。

TIP C レンズをテープで隠して行う二重露光テク「スプリット」に挑戦

レンズを黒いテープで下半分隠してまず撮影。2度目のシャッターは上半分を隠して撮影。すると、キレイに上下が分割されたスプリットイメージが撮れます。通常の二重露光と異なり、像が重ならないために、鮮明な写真になります。斜め分割、左右分割なども行えます。

二重露光完成

1ショット目

2ショット目

上半分が男性、下半分が女性などというユニークなトリックフォトも撮影可能。三脚を使い背景を固定すると良いでしょう。

黒いテープを完全な二分割ではなく少し広めに貼るのがコツ。測光部をふさがないように注意。

町が二層の不可思議な写真。

バルブモード

撮影協力:東京タワー/デックス東京ビーチ

Instax mini 90 を購入する(フジフイルムモールへ)