yutaro_banner_6_main

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕

COLUMN

さまざまなドラマや映画に出演し、モデル/俳優として活躍するゆうたろうさんの連載シリーズ「ゆうたろうのチェキダイアリー」。「“チェキ” instax mini 90(以降、mini90)」と「“チェキ” instax mini Link(以降、Link)」、「“チェキスクエア” instax SQUARE SQ20(以降、SQ20)」を使って、ゆうたろうさんが切り取った日常を振り返っていきます。

第6回目となる6月のテーマは「ここ最近の僕」。謎の美少年として注目を集めるミステリアスなゆうたろうさんが過ごした日々をチェキで覗いてみましょう♪

PROFILE

 

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕 yutaro_0913-320x386

2016年、ショップ店員から“可愛すぎる美少年”モデルとして芸能界デビュー。
2017年からドラマや舞台で精力的に俳優活動を行う。2018年、『3D彼女 リアルガール』で映画初出演を果たし、去年は月9ドラマ『シャーロック』(CX)にレギュラーキャストして大抜擢され、映画『かぐや様は告らせたい -天才たちの恋愛頭脳戦-』や『殺さない彼と死なない彼女』、Netflix オリジナルシリーズ『FOLLOWERS』等の話題作にも出演。
6/19〜毎週金曜日配信のFODドラマ「シックスティーン症候群」にも出演する等今後も出演作品の公開が続々と控えており、若手個性派俳優として今後さらなる活躍が期待される。

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6 〜ここ最近の僕〜

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕 0721_yutaro6_01-320x506

▲制服

7月から撮影が再開して久しぶりに役を通して制服を着ました。コスプレ歴でいえば7年になりますがいつ着ても若い気持ちスイッチがオンになる魔法のアイテムです。これでも中学の時は学ラン着てました。

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕 0721_yutaro6_02-320x506

▲愛してやまないピカチュウ

小さい頃からポケモンをひたすらに愛していて、Samantha Vegaとポケモンがコラボしててそれをギフトで頂いて、僕はピカチュウを選びました、本来はカバンなんですが僕はメイクポーチとして使ってます。毎日持ち歩いてます。かわいい…ぴかぁ…。

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕 0721_yutaro6_03-320x506

▲カレー

食べ物の中でカレーが1番好きなんですが、5月にお友達を通して出会ったお店のカレーが大好きになって以来少し遠いんですが月1で通ってるお店です。この日はオレンジチキンカレーでした。次はいつ行けるかなぁ…。

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕 0721_yutaro6_04-320x506

▲牡蠣

広島出身なので牡蠣が大好きなんですけど最近行ったお店でこんなに大きな生牡蠣が出てきてたまげました。言葉の表現が難しいですがどぅるんどぅるんのちゅるんちゅるんでした。広島に帰りたい。

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕 0721_yutaro6_05-320x506

▲名前がわからないお花

前回も書いたように22歳になってお花が好きなファンタジーボーイなんですがこのお花の名前が分からなくて、知っている方は是非僕まで教えてください。とにかくかわいいんです。今年はモッコウバラに出会いたいです。

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕 0721_yutaro6_06-320x506

▲アイスクリーム

仲良くして貰ってるカメラマンさんとお花畑に行った時に雨が降ってきて休憩してる時に食べたバニラのソフトクリームが濃厚で少し硬くて本当に美味しくて、この子のお陰で1日が素敵な日になりました。

★次回は8月下旬に公開予定!お楽しみに♪
 

「“チェキ” instax mini Link」使い方記事も読む

 

ゆうたろうのチェキダイアリーはこちら

ゆうたろうのインタビューはこちら

 
★ゆうたろう関連リンク
公式サイト Twitter Instagram LINE BLOG LINE LIVE

YouTube

 
  

今回使用したチェキ

スマートフォン用プリンター“チェキ” instax mini Link

ゆうたろうのチェキダイアリー vol.6/ここ最近の僕 1000_cheki_minilink_035

詳細はこちら 公式ショッピングサイト

Comment&Cheki by ゆうたろう
Photo by Haruka Yamamoto
Text by Mao Oya