Cheki Press

チェキをもっと楽しめる情報を日々発信!

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能

INTERVIEW

チェキを持って、その人物にとってゆかりある地をチェキと共に歩く連載「チェキさんぽ」。第二弾となる今回はアーティストの平賀さち枝さん。岩手県出身の平賀さち枝さんは20歳で上京。21歳の時に作詞、作曲、ギターをはじめ、アーティスト活動を開始。これまでに『さっちゃん』、『23歳』、『ギフト/いつもふたりで』のアルバムとシングル3枚、Homecomingsとのコラボシングルをリリース。全国各地のライブやフェスに出演し、近年は台湾公演など海外にも活動の場が広がっています。

今回の場所は、平賀さち枝さんが2012年に発表したアルバム『23歳』に収録され、彼女の代表曲のひとつでもある”江の島”。訪れる時に立ち寄るスポットや、上京前と変わらない憧れというこの場所への想い入れなど、自身での写真の撮影も交え、おさんぽをして語ってもらいました。

上京前から今日まで、この場所はずっと変わることのない憧れの場所

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_1

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_2

「はじめて江の島を知ったのは、まだ岩手にいた10代の頃です。サニーデイ・サービスさんの『江ノ島(『MUGEN』収録)』を聴いたことがきっかけで、江の島ってどんな場所なんだろう?と、ずっと行ってみたいと想っていました。20歳になり、上京して一人暮らしをはじめて、ひとりで江の島に行きましたが、その時は江の島駅に行って、商店街を歩いて、海を見て帰ってきました。それからも何度か訪れていますが、ふだんは東京での生活やさまざまな地域でのライブもあるので、あまり頻繁に江の島まで訪れることはできません。それでも上京前から今日まで、この場所はいつ来てもずっと変わることのない憧れの場所です。」

江ノ電沿線や江の島から海を見ると心がスッとするんです

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_3

「故郷では家の近くに海も山もありますが、小さい頃から海を見ることがとても好きでした。海を見ると心がスッとするんです。東京ではありませんが、上京してから私にとっての東京の海は江の島で、ほかの海には行ったことはありません。故郷の海とはまた違いますが、江ノ電沿線や江の島から見える海の景色が好きですし、ここに来て海を見ても心がスッとします。それにこの場所なら空も広く見えますし、とても気持ちがいいですよね。」

平賀さち枝のチェキさんぽ

江ノ電沿線から見える海の写真

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki22-320x506

「海、空。それが一直線に見える水平線を見ると心がスッとなります。」

カフェ マル

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_5

「外観の蔦の感じに、店内の雰囲気も素敵ですよね。コーヒーも美味しくて、猫のタロー君もいますし、お店の人たちも心優しく接してくれます。こんなに素敵なカフェがあることをみんなに教えてあげたい!と、思いつつ……秘密の場所というか、まだまだ教えたくないような両方の気持ちもあります。」

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_6

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_7

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_8

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki34-540x341

「籠に入っている猫。マルの醍醐味ですよね。タロー君に会いたくて来るお客さんもいると思います。」

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_10

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_11

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki52-320x506

「窓からタロー君が見ていて、絵みたいでかわいいですよね。」

江の島散歩道中

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_12

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki63-540x341

「崖の隙間から見えた水平線の写真と、野花が咲いていたので撮りました。」

甘味処 島の茶屋 あぶらや

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_13

「江の島の頂上付近にあるので道中は長いですが、頑張ってあぶらやさんまで来て、甘いものが食べられるのは、みんな嬉しいだろうなって。私も甘いものが大好きなので、とてもうれしい気持ちになります。江の島に行ったら、頑張って頂上のあぶらやさんまで行って甘いものを食べるのがおすすめです。」

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_14

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_15

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki73-540x341

「本当はかき氷を食べようと思っていましたが、今日は少し寒かったのでコーヒーフロートをチョイス。」

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_16

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki82-320x506

「龍恋の鐘(恋人の丘)の鍵があぶらやでも販売していますが、カップルがここで鍵を買って龍恋の鐘に行くことを想像して、幸せな気持ちになりながら撮りました。」

江の島の海

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_17

「生まれてから家のそばにはいつも海がありました。故郷の海しか知りませんでしたが、他には上京してから今でも海と言えば江の島しか知らないので、わずかながら故郷を感じさせてくれる場所でもあります。」

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_18

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_19

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_20

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki92-320x506

「波がちょうどいい感じで来ていたので撮りました。」

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_21

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_22

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki102-320x506

「ちょうど夕暮れ時に差し掛かったヤシの木がきれいですよね。」

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_23

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_24

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_cheki112-320x506

「セルフショットミラーがついているので、ひとりで遊びに行っても心配なく撮れます!今日のおさんぽの思い出の最後に撮影しました。」

江の島で海を見ると、漠然とした未来に対して楽しみやワクワクが溢れてくる

「誰もが未来やその先のことはわかりませんが、江の島にきて海を見ると漠然とした未来に対して楽しみやワクワクが溢れてきて、うまくいきそうな気にさせてくれます。この場所はいつ来ても変わらないです。江の島のお店の人たちはみなさんは、心優しくて温かい人たちが多いですし、猫もたくさんいます。あらためて思いましたが、今日もいつもの江の島でした。たくさんの人が、夏になったら江の島に行こう!という話題がでると思いますが、やっぱり誰にとっても、江の島は少し日常と離れた憧れの場所だと感じています。私にとっても江の島は、ずっと変わらない憧れの場所のままです。江ノ電の鎌倉高校前駅もすごく好きです。“こんなに素敵な場所で高校時代を過ごして、誰かを好きになって、一緒に帰ったり……そんな初恋を体験したかったな。”今日も高校生を見ていて、そんなことを想っていました。そんな風に想いを馳せながらさんぽをするのも楽しいですよね。」

『江の島』という歌をつくり、そして歌うということ

「私と江の島は歌で繋がっています。今ではすっかり、なかなか足を運ぶことはできなかったとしても、歌っているうちに何故か身近に感じられてしまうような場所になりました。私が『江の島』という歌を作ったことで、この場所への想いや見方は変わっていませんが、“江の島を歌わせてくれてありがとう、この歌を作らせてくれてありがとう。”そんな気持ちにさせてくれる場所でもあります。」

写真はその時感じた、一瞬をすぐ形に残すことができる

「私は歌をうたいますが、歌はライブで目や耳や心に残すことはできても、録音物以外に瞬間的に形として切り落とせるようなものでもないですし、作曲の時は常にその瞬間的な景色と感情を書きたいなと心掛けていますが、写真はその時見た一瞬を、すぐ形に残すことができるので、音楽とはまた別の素敵さがありますよね。ふだんはボーっと歩いてさんぽをすることが多いのですが、チェキと一緒だと、ふだんよりも周りに対して“なにかないかな?”そんな風にいつもより心の働き加減がより強くなって、周りの景色に対して積極的な気持ちになります。シャッターを押して、白枠の中にあるフィルムをすぐ手にすることができて、質感を確かめられるのも魅力です。チェキと一緒だと、いつもよりさんぽが楽しくなりました。」

平賀さち枝と一緒に“江の島”でチェキさんぽ。江ノ電や海も堪能 travel1125_chekisanpo_25

その他【チェキさんぽ】はこちら

その他【PEOPLE】記事はこちら

その他【TRAVEL】記事はこちら

★平賀さち枝 関連リンク
Twitter ブログ

text by Mako Masaya︎
photo by Nozomu Toyoshima

いいね!

「いいね!」をした記事はお気に入り登録することができ、
登録した記事は「マイページ」よりご覧いただけます。

※「いいね!」は instax Life プロジェクトメンバーのみ
行うことができます。(登録無料)

SNSで記事をシェアいただくとポイントを
プレゼント!
貯まったポイントは様々な特典グッズの
クーポンと交換することができます。

※instax Life プロジェクトメンバーに登録中の方が
対象となります。(登録無料)
※シェアする際は、必ず記事のURL、「#instaxlife」を
入れてください。

【Instagramでシェアされる場合】
下記をコピーして、Instagramに投稿してね!