福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策

INTERVIEW

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大前の3月に取材・撮影を実施いたしました。

ゲストを迎え、チェキとともに“ゆかりの街”を歩く連載シリーズ「チェキさんぽ」。第44弾は、ティーン向けファッション誌「Popteen」の専属モデル・“あやみん”こと福山絢水さんが登場です! バラエティー番組『しゃべくり007』や『マツコ会議』内でも、ティーンから絶大な人気を誇る「一重界のカリスマ」として取り上げられ、美容系YouTuberとして活動していることで、今大注目!今回訪れたのは、おしゃれなカフェや雑貨屋さんが集まる街・自由が丘。SNSで見て一度行ってみたかったという憧れの街を「“チェキ” instax mini 11(以降、mini 11)」と一緒におさんぽしてきました。

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_02

福山絢水のチェキさんぽ

今日はmini 11の「チャコールグレイ」

「カラフルなものも好きなんですけど、最近大人っぽい感じが好きなので、今日はmini 11の「チャコールグレイ」を使わせてもらいました。初めての街だし、初めてのチェキだったから、新鮮な気持ちで「チャコールグレイ」で。丸みがあってかわいいですよね。ファッションの一部としても持ってるだけですごくおしゃれな感じだし、軽いから毎日持てますね! 今日は歩きながら撮ったけど、友達とセルフィーしたり、「Popteen」の撮影現場で他の子を撮ってあげたりもしたいです。あと、暗いところでもきれいに撮れると聞いたので、夜の海とかでフラッシュを焚いて撮ってみたいと思いました!」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_03

「自由が丘のイメージは、おしゃれな街! SNSで見てるとカフェとかが多くて、歩いていてすごく楽しそうだなって。ナマケモノタイプなので、普段はあんまり散歩したりしないんです。だけど、東京の街はまだあまりわからないし、知らない街を冒険してみたいっていう気持ちはあるから、今日はたくさん歩いてみようと思ってます。」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_04

ラ・ヴィータ

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 04-320x506

「ラ・ヴィータはSNSで見て、めっちゃおしゃれだな〜って思っていて。実際に来てみたら、すごいアジがあって、日本じゃない感じがしました。チェキでは、2時15分を指してる時計を入れつつ、空も一緒に撮ってみました。」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 01-320x506

「不思議な場所に犬小屋を発見そして、すごく珍しかったので思わず撮っちゃいました。水面の写り込みがきれいですね。」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_05

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 02-320x506

「ラ・ヴィータの橋の上で、ちょっとカッコつけつつ撮りました。チェキでセルフィーするのは初めてだったので、ちゃんと入ってるかな?って思いながらセルフショットミラーを見て撮ってみたら、いい感じに撮れてました。後ろのピンクの花とかが春っぽいな〜って。」

自由が丘周辺

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_06

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 07-320x506

「こんなにいろんな果物が壁についているのって珍しいですよね。写真の中を果物でいっぱいにしたいと思って、思い切り寄ってみました。スマホだとこんな感じでおしゃれには撮れないので、チェキで撮るとなんでもかわいく撮れる気がします。」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 05-320x506

「歩いている時に、ふと思いついて撮ってみたら、ちゃんと奥の方までしっかり写っていて、エモい仕上がりになりました。線路って、なんとなくレトロチックな気がしますよね。」

初めての私でもこんなにきれいにいい感じに撮れたのがうれしくて

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_07

「チェキをちゃんと触ったのは今日が初めてでした。私の中ではチェキって少し使いづらそうなイメージがあったんですけど、初めての私でもこんなにきれいにいい感じに撮れたのがうれしくて。スマホだとどんなふうに写っているのか見ながら撮るけど、チェキだと出てくるまでの“ちゃんと撮れてるかな、いい感じに撮れてそう”っていうワクワク感とか、撮ったものがすぐにプリントされて、そのフィルムをまたスマホで撮ったり、いろんな楽しみ方ができるところもいいなって思います。」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_08

Waterfront 自由が丘店

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_09

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_10

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 09-320x499

「桜柄の傘を持って鏡の中の自分を撮ってみました。プリントしてみたらすごく春っぽく撮れてたし、マーブル柄のフィルムもかわいいですよね。ちょっと高級感がある気がします。」

DULTON JIYUGAOKA

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_11-540x810

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 03-320x506

「空とこのお店の看板が、すごくアメリカっぽいなって思って撮ってみました。青空がちゃんときれいに写っているのがすごくいいなって思います。」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_12

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 10-320x499

「鏡に写っている自分です。このブレた感じがいい感じにカッコよく撮れてる! スマホだと、ブレてる写真は消しちゃうけど、チェキだとブレてるのが逆にいい感じになるんですね。」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_13

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 08-320x499

「これは2万5千円のサボテンです。サボテンって高いイメージだったんですけど、こんなにするんだ!っていう驚きとともに撮ってみました。マーブル柄のフィルムで高級感が増してますよね。」

MONT-BLANC

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 06-320x506

「自由が丘の初ケーキ記念のチェキです。モンブランが有名なカフェであえて完熟バナナケーキを食べるという(笑)。すっごいボリュームで、チョコの苦味とバナナの甘さでプラマイゼロ! あっ、違うか(笑)。」

撮りたいものを探しながら歩くのが面白い

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_14

「自由が丘は、イメージ通りのおしゃれな街で、映えスポットもたくさんあるし、好きになりました。ふだんも新しい街に行ったりなにか食べたりしたときに写真を撮ったりしたくなるんですけど、カフェに行こうと思ってふつうに歩いていたら、そこに向かっていくだけになっちゃいますよね。でも、今日みたいにチェキを持って、撮りたいものを探しながら歩くのはすごく面白かったです!」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_15

「今日撮ったチェキを5〜6枚をひとつの写真におさめて“自由が丘”ってタイトルでアップしたりしてみたいと思います。たくさんのチェキを1枚におさめた写真は、楽しい雰囲気がすごく伝わりそうですよね。YouTubeで配信もしているんですけど、そこでもチェキを持って街ブラとかしてみたいです! また新しくやってみたいことが増えて、すごくうれしいです!」

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0400_chekisanpo_16

 

その他、チェキさんぽも読む!

 

PROFILE

 

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 0907_chekisanpo_fukuyama_prof-320x569

福山絢水
ティーンファッション誌『Popteen』専属モデルとして活躍しており、チャームポイントの一重とSNSにおける高い発信力から、“一重の希望の星”としても注目を集める。中でも、Youtubeでは開設から1年経たずしてチャンネル登録者数約17万人を有しており、クリエイターとしても注目度を高めている。

 

★福山絢水関連リンク

LINE LIVE Instagram Twitter Blog YouTube

 

今回使用したチェキ

“チェキ” instax mini 11

福山絢水のチェキさんぽ。初めて訪れる憧れの街“自由が丘”を散策 mini11_01

詳細はこちら

Text by Misaki Nonaka
Photo by Haruka Yamamoto