Cheki Press

チェキをもっと楽しめる情報を日々発信!

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現

INTERVIEW

味わい深い風合いの革製カバーと、さまざまなリフィル(筆記用紙)、そして豊富なカスタマイズアイテム。アイデア次第で十人十色の使い方ができる「トラベラーズノート」。思い出を形に残す“旅のお供”に最適なアイテムです。そして、同じように旅先で活躍するアイテムといえばチェキ。チェキプリントを貼り付けて日記をつけたり、アルバム感覚で使ったりと、トラベラーズノートとの相性も抜群です。そこで今回は、トラベラーズノートの生みの親である「トラベラーズカンパニー」の飯島淳彦さんに、「“チェキ” instax mini Evo(以降、Evo)」とスマホプリンター「“チェキ” instax mini Link 2(以降、Link 2)」を使用してもらいました。旅の記録をつける楽しさや、チェキとトラベラーズノートの共通点など幅広く伺いました。

「絵を描きながら旅を追体験」。飯島さん流、トラベラーズノートの楽しみ方

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re01
「幼い頃に映画の『男はつらいよ』を見てから、ずっと旅に憧れていたんです。夢が叶ったのは大学時代で、初めて訪れたのはインド。その辺に牛が歩いていたりと、日本では見たことのない光景に衝撃を受けて。知らない世界をもっと見てみたいと思ったんです」

人生の中心には常に旅がある。トラベラーズノートを考案したきっかけも、そんな飯島さんらしいものでした。

「2005年に『A5スリムサイズ』という細長い判型のノートを作るというお題で社内コンペがあったんです。その時に、出張での旅で出会ったタイの工房の方にカバーを作ってもらうことを思い付きました。それに、A5スリムサイズは、地図や飛行機の搭乗券を挟むのにちょうど良いサイズだった。ある意味で旅がきっかけで生まれたアイデアですし、何より僕自身が旅が好きだったということで、旅をテーマにしたトラベラーズノートが生まれました」

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re02

そうして「トラベラーズノート」は2006年にリリース。16年経った今でも、その魅力を誰よりも楽しんでいるのは、他でもない飯島さん自身です。

「僕は昔から字が汚いことがちょっとしたコンプレックスで。でも、このノートに書いてみると、むしろそのラフさが味があっていいかもと思えてくるんです。そんな“懐の深さ”があるから、上手い下手に関係なく、新しい表現に挑戦したくなるのかなと。僕自身もトラベラーズノートを使うようになってから絵を描く楽しみを改めて知りました」

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re03

「絵を描くタイミングは旅から帰ってきてからです。『これを題材にしよう』と決めたら自分の記憶を頼りに思い出しながら描いて、『あのときは楽しかったな』『あの景色が良かったな』と旅を追体験したいんです。それに、後で何かしらの形にしようと思いながら旅をすると、行く先々で出会う物事をより注意深く見るようになって。トラベラーズノートがあると、より旅を楽しめるんです」

アナログ好きの心くすぐる。チェキとトラベラーズノートの共通点

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re04

「『TRAVELER’S TIMES』というフリーペーパーを毎年発行していて。とあるイベントの終了後にその表紙を撮影するためにカリフォルニアのジョシュア・ツリー国立公園に行ったんです。辺りが徐々に暗くなっていく中、ようやく辿り着いて見ることができた夕日が驚くほど赤くて綺麗だった。それで最近、北海道の美瑛町という街に訪れたのですが、そこで見た夕日も、同じような赤色をしていて。その瞬間、僕たちの中でジョシュア・ツリーと美瑛町が繋がった。そういう旅の感動を、その場にいない人に共有できるのが写真の魅力じゃないかと思います」

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re05

旅と写真の関係についてそう語る飯島さん。EvoやLink 2を旅で使った感想についても伺いました。

「Evoはエフェクトをかけ合わせることで100種類の表現ができるのが面白いですね。そういったデジタルの強みを持ちつつ、デザインはヴィンテージカメラ風なのも魅力。それに、チェキプリントにじわじわと絵が浮き上がってくるところにも情緒がある。ノートを常に持ち歩くようなアナログ好きにとってはたまりませんね」

「Link 2は、スマホでさっと撮影した写真を後から選んでチェキプリントできるのが便利で。一発勝負だと『失敗したくない』と思って撮る機会が減ってしまいますから(笑)。より色彩豊かな風合いに仕上がる“instax-Rich Mode”も、綺麗な風景写真を撮影したときにぴったりです」

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re06

北海道で撮影したチェキプリントをトラベラーズノートに貼って、旅の記録をまとめてくれた飯島さん。雑誌のようなレイアウトや、旅を追体験するようなページ構成にも工夫が感じられます。

「トラベラーズノートのリフィルとチェキプリントはどちらも縦長の形をしているからか、レイアウトするときに収まりが良くて。さまざまな貼り方を試せるんです。同じフォーマットのものがずらりと並ぶのは見た目にも気持ちがいいですし、後でその“歴史”を見返すのも楽しいですね」

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re07

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re08

「久しぶりに海外旅行をするなら行きたい国はタイ。カバーを手掛けている革職人とは15年以上の付き合いになるんですが、コロナ禍でしばらく会えていないのでチェキを持って遊びに行きたいですね。これから訪れる度にEvoで撮ってトラベラーズノートに貼っていけば、きっと素敵な一冊が出来上がると思います」

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re09

カスタマイズすれば可能性は無限大。チェキとも相性抜群なトラベラーズノート

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re10

▲(左)トラベラーズノート ブルー (15239006)
(右)トラベラーズノート リフィル カードファイル (14402006)

仕事用のメモから旅の記録、イラスト帳など、工夫次第でさまざまな使い方ができるトラベラーズノート。たっぷり書き込める「レギュラーサイズ」と、コンパクトな「パスポートサイズ」の2種類が展開されています。また、対応しているリフィルもオーソドックスな横罫のものや、チェキプリントを貼ってレイアウトしやすい無地のものなど幅広くラインアップ。飯島さん愛用の、おもちゃのような見た目が可愛らしい『ミニカラーペンシル』やコンパクトに持ち運ぶことができる『レンブラント』の固形水彩セットを併せて使うのもおすすめです。また、トラベラーズノートと同じように自分らしい表現ができるEvoや、思い出の写真を形にできるLink 2も一緒に活用すれば、その可能性は無限大。夏休みのお供に、楽しく旅記録をつけてみてはいかがでしょうか?

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 220722_travelersnote_re11

撮影協力:TRAVELERS FACTORY NAKAMEGURO

text by 山梨 幸輝
photo by 中村 寛史

★TRAVELERS FACTORY関連リンク
公式サイト Facebook Twitter Instagram

今回使用したチェキ

“チェキ” instax mini Evo

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 0518Evo

詳細はこちら 公式ショッピングサイト

今回使用したチェキ

スマートフォン用プリンター“チェキ” instax mini Link 2

トラベラーズノートの生みの親が語る“旅記録”の楽しさ&チェキで広がる自己表現 Link-2

詳細はこちら 公式ショッピングサイト

instax Life プロジェクトメンバー限定機能

いいね!

「いいね!」をした記事はお気に入り登録することができ、
登録した記事は「マイページ」よりご覧いただけます。

※「いいね!」は instax Life プロジェクトメンバーのみ
行うことができます。(登録無料)

※「いいね!」はマイページログイン後に
ご利用いただけます。

instax Life プロジェクトメンバー限定機能

instax Lifeプロジェクトで登録している
SNSアカウントで
記事をシェアすると
ポイントゲット!

※instax Life プロジェクトメンバーに登録中の方が
対象となります。(登録無料)
※シェアする際は、必ず記事のURL、「#instaxlife」を
入れてください。

※instax Life プロジェクトに連携いただいている
アカウント以外で
記事をシェアした場合、ポイントは
付与されませんのでご注意ください。

【Instagramでシェアされる場合】
下記をコピーして、Instagramに投稿してね!

タグ・キーワード