Cheki Press

チェキをもっと楽しめる情報を日々発信!

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー!

INTERVIEW

BoAや安室奈美恵などへの楽曲提供でも知られるMinamiと、TERIYAKI BOYZなどへの詞提供をはじめラッパーとしても有名なStaxx Tによるポップ・ユニット、CREAM(クリーム)。2人が通算3作目となる最新アルバム『CHANGE』を2月3日(水)にリリースします。当作品はアートワークに空白のチェキが描かれ、初回限定盤はそこにチェキを差し込むことで、世界でひとつだけのジャケットに変更ができる特別仕様。スリーブにはファンとの思い出のチェキプリントも並んでおり、「人と人を繋ぐキーワード」のひとつとしてチェキが使用されています。そんな新作『CHANGE』のこと、チェキをフィーチャーしたアートワークのこと、そして写真やパーティーの魅力について、2人に語ってもらいました。

Interview:CREAM(Minami、Staxx T)

――今日はお2人へのプレゼントとしてCREAM仕様の「“チェキ” instax mini 70(以降、mini70)」を持ってきたんです。なんと、レンズの上部にCREAMのロゴが入っているんですよ。

Staxx T:おおー!かっこいい。

Minami:すごいね、レンズもよくなってるし!

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_1

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_2

Staxx T:進化してるよね。あっ、セルフィーモードもあるんだ。……じゃあ早速いくよ、はい!(と言って2人でセルフィーを撮影)

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_3

――盛り上がったところでインタビューを始めさせてください(笑)。前作(2ndアルバム『#nofilter』)は、「何のフィルターも通さずに、ありのままの自分たちを表現する」というコンセプトで制作された作品でしたね。新作(3rdアルバム『CHANGE』)を制作するにあたって、前作から影響されたことなどありますか?

Minami:前作を制作したときは、はめられた枠から抜け出したいなという気持ちが強く「攻めたことをしよう」と思って作っていたんです。でも、1stアルバム『DREAMIN’』の良かったところも入れられていなかったな、ということに気づいて。だから今回リリースする3rdアルバム『CHANGE』に関しては、1stアルバム『DREAMIN’』と2ndアルバム『#nofilter』のそれぞれの良さというところは残しつつ、新たなものを追加していっていますね。

Staxx T:前作では、自分が作ったトラックを誰かにアレンジしてもらって、最後の詰めの作業を他の人にやってもらった曲も多かったけど、今回は自分で最後までプロデュースしてやりきるという曲が多かったのが一つの変化ですね。外部のプロデューサーの楽曲も、本当に細かいところまでリクエストを投げて反映してもらったり。あと、前作でやれなかったことというとフィーチャリングアーティストですね。 他のアーティストとコラボすると必ず面白い化学反応が起こるし、絶対にやりたいと思っていたんですよ。

――青山テルマさんやJESSEさんなど、今回はさまざまなゲストの方が参加していますね。

Minami:私はもともと神戸のインターナショナルスクール出身でチアリーディング部に入っていたのですが、彼女も東京のインターナショナルスクール出身だったんですよね。彼女の学校で毎年行われていたチアリーディング大会に私も呼ばれていて、その時にすでに有名だったテルマちゃんのことを知って。ふたりとも共通してチアリーディングをやっていたという背景もあり、今回オファーするにあたってチアからインスピレーションを受けた曲を書きました。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_4

Staxx T:もともと、“G-E-T OVER U feat. 青山テルマ”は、Minamiとデモを作っている時点でチアっぽい曲になったので、「テルマちゃんが参加してくれたらいいね」という話をしていたんです。一方でJESSEくんとの“HANPANAI feat. JESSE”は、2番まではいつもライブで歌っていたんですけど、アルバムでは予想外の部分を作りたいと思って「3番に誰か入れたいなぁ」とヒップホップの人を色々と考えていたんです。でもそれって結果が予想できちゃうかな、と。それで、「JESSEくんが超ダミ声でシャウトしてくれたらどうかな」と思ったんです。そこから彼と録音したものをTeddyLoid(※)に投げたら、そこから彼がガシャーンッ!とまったく違うものにしてくれて、「すげえ。こんなことになるの?!」って驚きました。

(※ももいろクローバーZの楽曲などでもプロデュースを務める若手トラックメイカー)

――そうしてさまざまな人が関わって、様々なジャンルが一緒になっていますが、それが不思議とポップミュージックとしてひとつの作品にまとまっていますね。

Minami:やっぱり、「ポップス」は「ポピュラー(な音楽)」という意味ですから。

Staxx T:ひとつのジャンルを指す言葉ではなくて、さまざまなものを取り入れていても、有名になった音楽が「ポップス」ということで。僕らはいろんな音楽を聴くから、「うわー、俺らもこんな曲作りたいな」って、いろいろやりたくなっちゃうんですよ。「それを(CREAMの音楽では)ひとつにまとめてみようぜ」というのは毎回考えています。だから曲調もいろいろあるし、Minamiがラップしたりもするし(笑)。特に今回は、ヒップホップとかラップっぽいものは思い切り振り切ったりして、そういうことをより突き詰めた感じがしますね。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_5

――CREAMはヴィジュアル要素にもこだわりが感じられるグループですが、今回、そのあたりはどんな風に考えていったのですか?

Staxx T:僕らのなかで、たとえば「(過去のアーティスト写真のように)髪の毛が四角いのが僕だ」とか、キャラクターを載せることでしか作れないアートワークというのがルールになっていて、自由度がなくなってきたのを感じていたんです。それなら今回は、CREAMというグループのイメージをガラッと変えてもいいんじゃないかな、と思って、突然ピアスを開けてみたり。髪形をめちゃくちゃ変えたりして(笑)。

Minami:もちろんキャラも大事にしたいけど、それはCREAMの一面という感じにして、新たな面を含め、いろいろな一面を出せたらな、と思ったんです。

――そういう意味で、アルバムのタイトルも『CHANGE』になっているんですね。

Staxx T:そうですね。変わらなくていいこともあるだろうし、変わらなくちゃいけないこともあるだろうし。そもそも、変化のなかには大きなものも小さなものもあるだろうし……そういう色々な「変化」を、このアルバムで表現してみたんです。たとえば、“54321”はたった5秒の間に起きたできごととか、「1秒前まではこうだったのに今はこうだ」とか、そういうちょっとした瞬間の歌だし、“ウソツキ~Lies~”は逆に「変わらないよね、あんた」っていう歌だし。

Minami:うん、「抜け出したいけど、抜け出せないでいる」みたいな。

Staxx T:他にも“STAY”は「街は変わっていくけど、きみだけは変わらないでずっと一緒にいてほしいな」という歌で。(変わっていなくても)「変えたいなぁ」というのだって『CHANGE』だし。それって当たり前のようにみんなの生活のなかにある現象じゃないですか。しかも初回限定盤のジャケットは、買ってくれた人がチェキを入れれば、(タイトルどおり)世界でひとつだけのジャケットに『CHANGE』できるんです。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_6

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_7

――実際、今回のチェキを使ったアートワークは、とても面白いものになっていますね。このアイデアはどんな風に考えていったのでしょうか?

Staxx T:スタジオでレコーディングをした帰りに、3枚目のアルバムはどんなジャケットにしようかなと考えていて、額縁にチェキをはめてデザインしたらどうかな、と思ったんです。それで、いろいろな額縁のサンプルを見ていたりもしたんですけど、額縁ってありふれていていろいろな人が使っているデザインでもあって。それで、「もっとシンプルに、なにもないようにしたらどうなるんだろう?」と考えていたら、チェキを一枚なにも撮らずに引き抜いた時の真っ白なものを思い出して。それで、「チェキをそのまま置くのはどうだろう?」と思ったんです。

Minami:そもそも、実は前回のブックレットでも「チェキを使いたい」と思っていながらも、いろいろな理由でできなかったという経緯があったので。今回はそれをベターな形で出してみようと思ったんですよ。

Staxx T:それで去年は、1500枚ぐらい(チェキを)撮りました。ファンの子たちが持って帰る用と僕ら用で2枚以上ずつ撮るチェキ会をやって、その写真をアートワークにもたくさん使ったんです。本当はもっと載せたかったんですけど、あまり小さくても載った子たちがわからなくなると思うので、ギリギリ分かるサイズでとにかく詰め込みました(笑)。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_8

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_9

――チェキにはどんな魅力を感じているのですか?

Staxx T:今ってデジカメとかInstagramが当たり前になっていて、撮った写真が修整できるというように、小細工の部分ばかりが進化していて、本質的なことを忘れているような気もしていて。僕たちが小さなころってお母さんがでっかいアルバムを作っていて、そのアルバムが10冊20冊とあって……それが思い出のサイズだったじゃないですか。だから、重みがあったというか。今はそれがスマホのなかに入っているわけですけど、バックアップを取るのを忘れてスマホを失くしたら、それは一気になくなってしまうというか。そんな風に思い出がデジタルになってきて、音楽もそうですけど、アナログな「もの」の価値が分からない時代になってきているから、逆にチェキっていいな、と思ったんです。後から修正ができないけど、一発撮りでいいものが撮れたりすることもあるし。5枚撮ったとして、「1枚無駄になっちゃったけど、残りの写真がその分いい」みたいな現象って、すごくいいなと思ったんですよ。

――失敗したり映りが悪かったりする写真が、逆にいい思い出になることもありますよね。

Staxx T:そうですよね。変えられないものがあるから、いいんですよね。

Minami:あとは、(写真が)デジタルになってから「映り過ぎちゃう」というのもあると思います。だから今って肌修正のアプリとか、いろいろなものが出てきていると思うんですけど、チェキだと自然にいい感じのフィルターがかかってくれるし。プリクラとかもそうですけど、写真って時代ごとの流行りもありますよね。その時代を切り取って、また振り返ることができる。一瞬でもその瞬間に戻れる、そういう魅力を感じます。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_10

――アートワークの話に戻りますが、チェキを使った際「人それぞれの思い出を入れられる」形になったのは、パーティーやクラブのように人が集まって色々な思い出ができていく場所が好きなCREAMさんらしいような気がします。

Staxx T:僕らはパリピ(パーティーピープル)ですからね(笑)。生まれながらのパリピが、たまたま音楽と出会いましたよ、という話で。だから、クラブでお酒を飲んだり集まってワイワイやっているところでかかったりすることを考えて、音楽を作っている部分があるんですよ。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_11

――実際にアートワークに使われている写真にも、クラブの写真はたくさん含まれています。撮影時などに特に印象に残っている思い出はありましたか?

Staxx T:やっぱり、ファンの子たちと撮った写真をたくさん使ったのは大きかったですね。今回はチェキだけの撮影に限定していたんですよ。Instagramにアップしたいという子には「チェキを、さらにスマホで撮ってアップして」という風に言ったりもして。そうして撮ってくれた子たちのInstagramを見ると寄り過ぎてぼやけていたりしていて、「フレームを映せフレームを」って突っ込みを入れたりするのも楽しかったですね(笑)。

Minami:あったね(笑)。そうだ、2枚別々のものを撮った後に、(手でシャッフルしながら)「はい、どっち?」という感じで、ファンの子に持って帰る方を選んでもらったりもしていたんですよ。

Staxx T:撮ってすぐはまだどんな写真になっているか分からないから、そうやって遊ぶのも楽しかったりして。

――写真を撮るだけではなく、それを使って遊べるのもチェキならでは、ということですね。

Staxx T:アートワークに採用したコラージュとかも、ものであるからこそ簡単に並べられるんだと思うし。それに、チェキってたくさん並べるとかわいいですよね。こうやってみるといろいろと思い出しますね。ここにメンソーレって書いてあるから、これは「沖縄だなぁ」とか(笑)。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_121

――そうやって各地のパーティーでの様子も収められた何年間かのアルバムのようになっている、と。パーティーならではのチェキの使い道というと、どんなものがあると思いますか?

Minami:使い道というか、やっぱりいろいろな場所に持っていきますよね。女の子はカバンに入れて持ち運びやすいと思うし。実際、今回の『CHANGE』のアートワークにも、そうやってふつうに飲みに行って友達と撮った写真を結構使っていたりするんです。

――ああ、本当に、今回のアートワークはチェキを使った、ここ何年間かの思い出のアルバムのようになっているんですね。

Minami:うん、そうですね。今度はセルフィーブックとかも作ってみたいかも。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_13

――これからアルバムがリリースされると、ツアーでさまざまな場所に行ってパーティーをすることになると思います。どんなことを楽しみに会場に来てほしいですか?

Minami:まずは、『CHANGE』をしたCREAMを観に来てほしいですね。前回のツアーとは全然違う感じで攻めていきたいと思っているんです。会場の数も多いし、ファイナルは新木場STUDIO COASTでできるので……。

Staxx T:その会場ではゲストの人たちを加えたりもすると思うし。コーナーを設けていろいろなカヴァーも歌うと思います。あと、実は会場に来てくれた人全員に、チェキで撮ったセルフィーを配ろうと思っているんですよ。入口で来てくれたお客さんにひとつひとつプレゼントしたいと思うので、当日までに1500枚ぐらいは撮ろうと思っていて(笑)。それから……もしできるなら、チェキの写真が撮れるプリクラのブースみたいなものも作ってみたいですね。プリクラ感覚で写真を撮ったらチェキが出てくる、という仕組みで。もし実現できたら、いいなぁ……(笑)。

チェキのアートワークに迫る、CREAM(クリーム)新作インタビュー! 0129_party_cream_14

その他【PEOPLE】記事はこちら

INFORMATION

CREAM TOUR 2016「CHANGE」

2016.03.19(土)名古屋 ell.FITS ALL
2016.03.25(金)仙台 darwin
2016.03.30(水)札幌 Sound Lab mole
2016.04.04(月)福岡 DRUM Be-1
2016.04.05(火)沖縄 桜坂セントラル
2016.04.10(日)大阪 CLUB PICCADILLY UMEDA OSAKA
2016.04.28(木・祝前)東京 STUDIO COAST

詳細はこちら

INFORMATION

CHANGE

2016.02.03 on sale!
CREAM

初回限定盤<CD+DVD>
初回仕様:紙ジャケット
初回封入特典:チェキ撮影券
RZCD-86023/B
¥3,800(tax out)

初回限定盤<CD ONLY>
初回仕様:紙ジャケット
初回封入特典:チェキ撮影券
RZCD-86024
¥3,000(tax out)

詳細はこちら

interview&text by Jin Sugiyama
photo by Chika Takami

instax Life プロジェクトメンバー限定機能

いいね!

「いいね!」をした記事はお気に入り登録することができ、
登録した記事は「マイページ」よりご覧いただけます。

※「いいね!」は instax Life プロジェクトメンバーのみ
行うことができます。(登録無料)

※「いいね!」はマイページログイン後に
ご利用いただけます。

instax Life プロジェクトメンバー限定機能

instax Lifeプロジェクトで登録している
SNSアカウントで
記事をシェアすると
ポイントゲット!

※instax Life プロジェクトメンバーに登録中の方が
対象となります。(登録無料)
※シェアする際は、必ず記事のURL、「#instaxlife」を
入れてください。

※instax Life プロジェクトに連携いただいている
アカウント以外で
記事をシェアした場合、ポイントは
付与されませんのでご注意ください。

【Instagramでシェアされる場合】
下記をコピーして、Instagramに投稿してね!

タグ・キーワード