mini90 徹底解剖 vol.02

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう!

PRODUCTS

トリック③ 男女あべこべ入れ替え術

「スプリット」の手法を応用すると、上下で男女が入れ替わってしまった面白い写真を撮影することもできます。まず、黒いテープで下半分のレンズを隠して男性を撮影します。続いて2度目のシャッターは上半分をテープで隠して女性を撮影します。するとキレイに上下が分割され、男女がミックスしたトリックフォトが撮影されます。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! pickup0322_mini90_vol2_10-320x506

トリック④ 影を使った不思議なアート術

こちらのテクニックは、「②テープを使った分身術」の応用編。レンズの下半分にテープを貼った状態で人物の足元&影を撮影し、そのままカメラを上下逆さにし、同じく人物の足元&影を撮影します。すると、写真上では影のアートができあがり。影が二層となった不思議な写真が完成しました。

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! pickup0322_mini90_vol2_11-540x341

1枚目を逆さにした時にカメラを逆さにすることで、ファインダーの画面とフィルムの画面とがずれて写る「視差(パララックス)」が発生することも。少し注意が必要です。

「“チェキ” instax mini 90」二重露光モードを使うときのコツとは? by 鈴木文彦

二重露光は1枚目の暗い部分や黒い部分に2枚目の写真が写りやすいという性格があります。重なり具合の傾向はとにかく実践で積むのが大切。最初は成功率抜群の手のひら二重露光などをおこないコツを掴んでみましょう。1枚目を撮ってからしばらく2枚目を撮らないでいると、二重露光がキャンセルされてプリントが出てくるので、こことここを重ねたい、と目星を付けてから撮るといいかもしれません。仕上がりのインパクトがありつつ簡単なのがテープを使った二重露光です。ベンチなどを使った分身撮影の場合は、背景がズレて写ってしまうことを避けるため三脚を使用しますが、背景を芝生やアスファルトなどシンプルなものにすれば、手持ちで撮影をしても背景のズレが目立ちません。テープの貼り方は上下、左右、斜めなどさまざま。上下に地面がくる風景写真などもおもしろいと思います。二重露光はmini90だけのスペシャル機能なので、ぜひトライしてみてください!

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! pickup0322_mini90_vol2_12

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! pickup0322_mini90_vol2_13

シリーズ第三弾「バルブモードで遊ぼう。篇」も近日公開予定なので、お楽しみに!

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖①「ベーシックな機能を使いこなそう。篇」はこちら

mini90を使用している様子はこちら

その他【徹底解剖シリーズ】はこちら

その他【DIY記事】はこちら
その他【DISCOVER記事】はこちら
その他【HOW TO記事】はこちら

 

今回使用したチェキ

“チェキ” instax mini 90 ネオクラシック

「“チェキ” instax mini 90」徹底解剖② 二重露光モードで遊ぼう! 0330_shohin_mini90

詳細はこちら

text by Asuka Yoshitaka/Yuka Yamane
photo by Fumihiko Suzuki(cheki)
photo by Haruka Yamamoto(digital)